ゲームマーケット2015秋にて「戦国ミニチュアゲーム 武将列伝 ベーシック」先行発売!

武将列伝

11月22日(日)東京ビックサイトにて開催される「ゲームマーケット 2015 秋」にて、いよいよ戦国ミニチュアゲーム「武将列伝 ベーシック」が先行発売決定!

ゲームデザインに「金色のガッシュベル!! THE CARD BATTLE」や「バトルブレイク」等でお馴染みの中村 誠氏を迎え、すでに展開中の侍ミニチュア「武将列伝」シリーズのミニチュアを使って対戦できるミニチュアゲームが完成いたしました。

プレイヤー2人が、それぞれ戦国武将1体と、その部下である雑兵10体で部隊を編成し、対戦相手の武将を討ち取って勝利をめざします。
本商品には、2人分のミニチュアやダイスなどゲームに必要なものがすべてそろっており、買ってすぐに2人で遊ぶことができます。

Mr.フィールドWebショップおよび各店にて12月発売スタート予定!

ゲームの特徴

武将列伝

●真田幸村vs伊達政宗

大阪夏の陣で幾度となく戦いをくりひろげた真田幸村(信繁)と伊達政宗。この2人の武将が「武将列伝 ベーシック」のテーマです。
敵でありライバルでもあった2人は、「武将列伝」の最初のセットとしてふさわしいに違いありません。それぞれのまったく異なる特徴のある戦術がゲームを盛り上げます。

●精巧なミニチュア

本商品には、真田幸村と伊達正宗の2体のミニチュア(レジン製)が同梱。
原型はヒストリカルミニチュアでは定評のあるスペインメーカー数社によるものです。

●ミニチュア&ディスク

武将はミニチュアを使いますが、武将が率いる雑兵は厚紙製のディスク(直径40mm、厚さ2mm)で表現。
これにより武将ミニチュアがさらに目立ち、ディスクにはデータが記載されることでミニチュアゲーム初心者でもわかりやすくなりました。
プレイヤーは武将ミニチュア1体と雑兵ディスク10枚で部隊を作りますが、5種類(騎兵、槍兵、弓兵、鉄砲兵、忍び)いる雑兵の組み合わせは自由。
自分だけの部隊を率いることができます。
※ディスクではなくお手持ちのミニチュアを雑兵として使うこともできます。

●ゲームデザインは中村誠氏

ゲームデザインを担当するのはトレーディングフィギュアゲーム「バトルブレイク」シリーズを手がけた中村誠氏。
カードゲーム、ボードゲームにも造詣が深く、今回、既存のミニチュアゲームの概念にとらわれないゲームを実現しました。

●特徴的なゲームシステム

ダイスをふるたびに変化する防御力、ヒモをつかった距離と範囲のシステム、豊富な特殊効果、スピーディな展開など、ミニチュアゲームユーザーはもちろんライトなボードゲームユーザーでも楽しめるゲームになっています。

●さらに広がる「武将列伝」の世界

侍ミニチュア「武将列伝」シリーズでは、すでに織田信長、上杉謙信、武田信玄などの武将がラインナップ。
これらのミニチュアにも順次ゲームデータが用意されていく予定です。また1人で2隊以上の部隊を率いたり、プレイヤー3人以上の大規模戦も可能に。
1人用シナリオなども提供していきます。

商品概要

商品名: 武将列伝ベーシック
対象年齢: 8歳~
プレイ人数: 2人
プレイ時間: 30分
ゲームデザイン: 中村誠
ミニチュア造形: ミスター・フィールド
題字・筆文字: 伏見武蔵
イラスト: Mad
価格: 4980円(税別)
発売日: 2015年12月※2015年11月22日、ゲームマーケット2015秋にて先行発売

武将列伝セット内容:
武将ミニチュア2体/雑兵ディスク20枚/シナリオディスク2枚/距離ヒモ2本/陣ヒモ2本/武将シート2枚/刀剣カード2枚/8面ダイス2個/6面ダイス28個/ルールブック1冊

※化粧箱入り