マリフォー・マスター紹介⑬「カエリス」

カエリス

WYRD社HPの紹介記事を意訳して、各勢力のマスター達を大紹介しちゃいます♪

燃えろ“女又力”!空の彼方から努力で夢見る魔女っ娘 カエリスを大紹介!

バーニング・リベレーション

カエリス

カエリスアナセリア・カエリスは二つの異なる側面を学んできた。
アースサイドにおいて、彼女は多くの組織に雇われる一匹狼のビジネス調停人であった。彼女は入念に調査する事で取引を支配し、その忍耐力と中立性によって彼女の名は広く知られていた。
マリフォーへの到着により、彼女は新たな道に抱かれる事になる。マリフォーでの彼女はヴィクトル・ラモスとアルカニストに捧げられ、ついに、その側近へと選ばれる事になったのだ。
彼女が探し求めた“新たな力”・・・それこそ魔術である。

ブリーチを越えたカエリスを最初に魅了したものこそ、人々が楽々と使いこなす魔法の力であったのだ。地球における厳しい制約と制限を受けたパワーとは違い、マリフォーでは、その可能性は無限にすら思えたのである。
ラモスのために働く事を条件に、彼女は魔術知識の師として彼を選び出した。彼はそれに承諾したが、彼女がどんなに勉強しようとも、彼女には能力をコントロールするための生来持つべき力が欠けている事がすぐに明らかとなったのである。
ラモスは、その解決策としてソウルストーン補助具を設計したが、しかし彼女は諦めなかった。

鉄工所で練習を続けていたある日、ついにカエリスは突破口を見いだした。
マリフォーにおける全ての魔術はエーテルから導き出され、それを使いこなす様々な方法が存在する。ラモスの力は、例えば彼のために働くコンストラクトのように“構築”を命じるものだ。
しかし、彼女の力は“何か”を支配する事ではなかった。自然の炎を消し支配する事は何者にもできない。その存在を受け入れ、炎の向きを変えてやるのだ。
彼女はあらゆる支配の試みを捨て、エーテルの流れを彼女自身の中に流したのである。そのパラドックスを理解したとき、ついに僅かな力で彼女の手のうえに炎が爆ぜたのだった。
“支配”など、幻に過ぎない。

ボックスセット

バーニングリベレーション
アナセリア・カエリスのボックスセットには、カエリス自身を含む6体のモデルが入っている。
ファイア・スタータは素早いヘンチマンで、その炎でモノを燃やしカエリスをサポートする。ファイアガーミンは、さらなる爆発を巻き起こしバトルを盛り上げるのだ。エターナル・フレイムは彼女のクルー達の後についてまわり、後ろからカエリスと彼女のコンストラクト達を結びつけ、戦場の向こうにある彼女のパイロ・マーカーを動かす。

タクティクス

カエリスは、バーニング・コンディションを使って敵を焼き殺す事が得意な、非常に起動力の高いアルカニスト・マスターである。

彼女は端付近を主な戦場とし、中へ外へと動き回って、見つけた弱点へと襲いかかるのだ。
彼女はバーニング・コンディションを操る名手であり、例えばファイアガーミンやガンスミスのようにバーニングを活用するミニオンは全て、彼女のクルーにピッタリの選択となるだろう。

ファイアガーミン「炎の光輪(Flaming Halo)」はカエリスの主な攻撃で、戦場のいたる所にバーニングを拡げる事が可能だ。一度火がつけば、彼女はその炎を様々な方法に利用する事もできる。
「生贄(Immolate)」はターゲットがバーニングしている時には最適の攻撃で、「燃焼促進剤(Accelerant)」は彼女の近くでバーニングを持つ全てのモデルにダメージを与える事が可能だ。「炎の真実(Truth In Flame)」は付近のモデルからバーニングバーニングを取り除きながら、さらにカードを引く事もできる。
一度カエリスが火をつける事に目覚めれば、そのオプションが真に解放されるのだ!

カエリスには2つの限定アップグレードがあり、その選択によって彼女がどんなプレイスタイルを取るか、大きく変化する。
「掴んで落として(Grab And Drop)」は、敵と共に空へと飛翔し、そこから彼らを死へと墜落させる(0)アクションを彼女に与える。さらに、近くにいるバーニングを持った友軍モデルにフライトを付ける事も可能だ。

一方、限定アップグレード「浄化の炎(Purifying Flame)」は、彼女の近くでバーニングを受けている全ての友軍モデルが、そのダメージに代わってダメージをヒールする事が可能になる。それによって彼女の攻撃がクルーをヒールす事にも使えるようになるだろう。
さらに、敵モデルの動きを妨害する「Pyre Markers(炎の柱)」を戦場に配置する事も可能になる。

それが主な2つの選択となるが、彼女が多彩で面白いプレイスタイルを持ったマスターである事を保証する素晴らしいアップグレードが、カエリスにはいくつもあるのだ。

ミスターM投稿の「バーニング・リべレーション」クルーはコチラ!