マリフォー・マスター紹介⑰「ハーメルン」

ハーメルン

WYRD社HPの紹介記事を意訳して、各勢力のマスター達を大紹介しちゃいます♪

( ゚Д゚)ネズミ肉ウマー♪災いをまき散らすアウトキャストの暴君ハーメルンを大紹介!

ザ プレーグ・コメス

ハーメルン

ハーメルン遥かなる過去において、マリフォーにおける卓越したアルケミストとして知られていたプレーグは、その研究分野において尊敬を集めていた。彼は腐敗と老化の操作に集中して研究を重ね、それにより自身の魅力を高めていたのである。
エーテルを用いた実験中に起きた悲劇的な事故とマリフォー市内を覆い尽くした災いは、彼の命を奪う事となる。流れゆく彼自身の血に圧倒される中、アルケミストは必死にエーテルの力をかき集めた。苦しみの絶叫とともに、彼の瞳は閉じられた。
そして翌日、プレーグは再び目覚めたのである。

マリフォーの暴君(Tyrant)が過ごした年月について記録はあまり残されてはいない。唯一はっきりしている事は、不死である彼を捕えるため罠にかけられ、幽閉されていたという事である。
プレーグは、何千年もの間マリフォー市の共同墓地の地下で深い眠りについていた。そして、ギルドから逃げ出した哀れな鼻つまみ者 ネズミ獲りのハーメルンによって目覚めさせられたのである。彼の死に様はあまりに凄惨で汚らしく、それはプレーグに最初の蘇生の記憶を思い出せたのだった。
すぐさま暴君は己の究極なる目的を果たすため暴れだしたが、キライ・アンコクによって肉体を破壊され、その目論みは妨げられたのである。何ヶ月もかけて、なんとかプレーグは自身を再構築する事に成功した。現在の彼は、確実に勝利を勝ち取るために慎重に行動するようになっており、エーテル界へと昇天する新たな方法を探り真の不死を手に入れる事を目論んでいるのだった。

プレーグは最も積極的に活動している暴君である。彼は、その存在自体がギャンブルであるので、全ての暴君達が試す価値があるならば何でも大きなゲームを仕掛けているという、間違った考え方に固執しているようだ。
アカカゴタケ(※赤い格子状の笠を持つキノコ、Red Cage)の力を利用した最初の昇天の試みが惨めな失敗に終わり、彼は新たな方法を試さねばならぬと気付いた。生と死の境界線上において、彼は負けを認める事を拒否し続けている。

ボックスセット

プレーグ・コメス
ハーメルンのボックスセットには、ハーメルン自身を含む10体のモデルが入っている。
モデルのうち4体は、常にハーメルンの後ろをコソコソついて廻る害獣 マリフォー・ラット達だ。また、ハーメルンのトーテム、ストーラン達は、キルされた時にハーメルン自身を生き永らえさすためのギャンブルを提供したり、さらに多くのマリフォー・ラット達を戦場に誘い込む新鮮な“お肉”となる。
オビーディエント・レチュは、敵に向かってネズミを投げつけてご主人様を助け、時には生き残るために急いで物陰に逃げ込むだろう。ハーメルンの飼い犬であるニックスは、彼らグループの下に敵モデルをロックする事に長けた汚れた悪霊なのだ。

タクティクス

ハーメルンはアウトキャスト・ファクションのメンバーである。彼の命令に従う魔術にかかった子供達とネズミの群れを率いて、災い(plague)をもたらす。
どんなモデルでも彼のために上手く機能するが、そのプレイスタイルは最終的に幾体かのラット達やラット・キング、そしてラットキャッチャーに行き着くだろう。

ニックスハーメルンを言葉で説明する事はとても難しい。
この笛吹きは「笛(Pipes)」アクションによってモデルを誘い込み、多数をその勢力範囲内に引きずり込む。その間に「虚無主義(Nihilism)」と「虚無への導き(Lure of Emptiness)」のような能力が、ハーメルンが生き残り、自由を謳歌する事を確実にするのだ。
彼が「黒き杖(Black Staff)」を使ってブライテッド・コンディションを与えた敵はゆっくりと終了への時を刻み、その支配下で彼の犠牲者となるだろう。
「出血病(Bleeding Disease)」を上手く使いこなせば、ハーメルンの病気に倒れる人々を蔓延させる。その間「大喰いネズミ(Voracious Rats)」能力によって彼の近くで死ぬ者たちが確実にラット達を産み出し続け、ハーメルンが消耗戦の達人である事を再確認する事になるのだ。

ハーメルンは、彼の勢力範囲を拡大する多数のアップグレードが利用可能である。
「疫病(Plague)」があれば、いったん発病した敵は二度と快方に向かう事はない。「笛吹き(The Piper)」によって、他者に命令するため彼が魅了している最中は「服従(Obey)」を使って彼へのチャージを防ぐ事が出来る。
「下水道の王様(Sewer King)」は彼自身のクルーをサクリファイスしてカードをドローする事ができ「暴君の小道具(Tools of the Tyrant)」は彼の「黒き杖(Black Staff)」に追加のトリガーを与える。
アップグレードを彼の核となる能力とお気に入りクルーに結合すれば、ハーメルンはゲームにおける最強ライバルのマスターさえコントロールするだろう。

goingstoneさん投稿の「ザ プレーグ・コメス」クルーはコチラ!