マリフォー・マスター紹介⑲「ジェイコブ・リンチ」

ジェイコブ・リンチ

WYRD社HPの紹介記事を意訳して、各勢力のマスター達を大紹介しちゃいます♪

運に見放されテンサンダーとネバーボーンに捕われたトランプいかさま師、ジェイコブ・リンチを大紹介!

ダーク ダッツ

ジェイコブ・リンチ

リンチマリフォーが向かう運命のように、ジェイコブ・リンチは自身が驚くべき幸運を掴んだ事に気づいた。しかし、いつもの事だが、彼の運命はショッパイ事になるのである。
ハニーポッド・カジノを手に入れた事は、駆け出しの企業家を抜け出すのには充分な幸運の巡り合わせだと思われた。リンチはカジノ・ビジネスを転がして成功させるため、気づけばテンサンダーに多額の借金を抱えていたのだ。

リンチに残されたのは、手にした小さなピストルで借金取りから逃れる事だけだったが、彼は自分があまりに深みにはまっている事にも気づいていた。近づいてきた二人組の男から不思議な申し込みを受けた時には、彼は川に飛び込む準備ができていたのだ。
彼らは、ハニーポッドの地下室を使う間、彼らが肩代わりしてリンチの借金を支払うと言う。そんな最高の取引を見逃す事はできず、リンチはMr.グレイブ&Mr.タンネンとビジネス・パートナーとなったのである。

結局、彼自身いつかそうするだろうと知っていたかのように“もっと良くなりたい”と望むリンチの好奇心は、彼のビジネスを大いに変えたモノを見るために彼を地下へと潜りこませ、地下室を覗かせてしまうのだった。
それは彼の精神が“真実”に解放された瞬間でもあった…彼に全ての成功をもたらしてくれる基であった地下室には、おぞましい生き物たちがいたのである。

ブリリエンスの餌に対する免疫がある事で、リンチはテンサンダーとネバーボーン…かろうじて均衡を保つ事ができる、互いに寄せ付け合わない2つの勢力の間で捕われている自分自身の現在に気づくのだった。
生き残る事が望みならば、彼自身の運命に慣れるために、リンチはさらに暗いトコロへと飛び込んでいかなければならないだろう。

ボックスセット

ダークダッツ
ジェイコブ・リンチのボックスセットには、リンチ自身を含む5体のモデルが入っている。
ハンガーリング・ダークネスは自身と共にクルー達を追いたてて、その死をもたらす巻き髭とマインド・コントロール能力で全ての者‐リンチも含め‐を支配する。
イルミネイテッドはダークネスの支配範囲をあまりに知り尽くしている、なぜなら彼らはその影響によって堕落し、健康的な“死”から遠ざかって瞬く間に再生する、手強い恐るべき戦士へと変貌させられているからである。

タクティクス

ジェイコブ・リンチはテンサンダーとネバーボーン両方のファクションに属している。彼は、とても有害な能力を持つ“カードシャーク(いかさまトランプ師)”である。
彼は「ダーケンド(Darkened)モデル」と共に働く事を好み、それらのモデルと同数以上の敵を、ジェイコブが強力な効果に使う事ができる「影響(Influence)コンディション」の支配下に置く事ができる。

ハンガーリングダークネス他のマスターに対してジェイコブ・リンチを優位に立たせるものの一つが、彼のトーテムである。
大いなる精神力の塊 ハンガーリング・ダークネスとして知られる彼のヘンチマンでもあるトーテムを、ジェイコブは無料で雇う事ができる。ジェイコブとダークネスは、不愉快な程のダメージを敵に与えるため一緒に働く事ができるのだ。

ジェイコブ自身はカードに特化した能力で知られており、彼はここぞと言う時に引いたエースを手札で置き換える事ができ、マリガンして3枚のカードを引き直して手札を改善する事ができ、彼を攻撃する際にチートした敵に対してダメージを与える事ができる。

彼の力であるカードのコントロールとトーテムは、一つのカギとなる要素によって相殺されている…つまりジェイコブは攻撃するのが得意ではないのだ。

ジェイコブは、2つの限定アップグレード「昇る太陽(The Rising Sun)」と「終わりなき飢餓(Endless Hunger)」を持っている。このアップグレードは両方とも、ハンガーリング・ダークネスの有効性を確実に高めるだろう。
「昇る太陽」はダークネスがキルされた時に、それがプレイに戻る事を可能とし、「終わりなき飢餓」は、そのアクティベーション時に追加APを与え、さらに多くの事が達成できるようになる。
ジェイコブの最も一般的なアップグレードの1つは「起きよ(Woke Up With)」であり、彼のアクティベーション開始時に追加で2枚のカードをドローでき、その手札の数と同じダメージを与える攻撃が可能となるのだ。

タンケンさん投稿の「ダークダッツ」クルーはコチラ!