マリフォー・マスター紹介 22 「ヴィクトリア」

ヴィクトリア

WYRD社HPの紹介記事を意訳して、各勢力のマスター達を大紹介しちゃいます♪

謎に包まれたカタナの姉妹達 ヴィクトリアを大紹介!

ハイアード・ソード

ヴィクトリア

Vアッシュ“ある人々”を必ず惹きつける魅力がマリフォーという街にはある。過去に拾い集められたソウルストーンの失われた情報の力に引かれて、その中の数人が旅立つのである。
ヴィクトリアは、彼女が探し求めた中でも“最も貴重な宝”があるであろうという感触から啓示を得て、旅立つ事に決めた。
それは、すでに熟練の冒険家でありトレジャーハンターでもある彼女にとって、あまりにも拒否しがたい提案だったのである。

巨大な都市において、網の目のように張り巡らされ互いに矛盾する計画と強力なる参加者達の中心に、ヴィクトリアは彼女の立ち位置を見つけ出した。
ネバーボーンが立てた計画の一部は“完全なる複製”を残して彼女の下を去っていった…それはドッペルゲンガーだったのである。彼女たちは異なる衣服を着て、真のヴィクトリアは伝説に名高いマサムネを帯びているが、殆どの人は2人を見分ける事ができないだろう。
彼女たちは“姉妹”として結束し、それ以降けっして離れる事はなかった。

彼女たちが傭兵として雇われる気がある間も、本当に目指していたのはアースサイドに売り払う事ができるアーティファクトや儲けを出すのにピッタリな街だった。最初の開拓以降、土地には何者かが訪れ、それを捜し出していく事を待っている多くのアーティファクトが散りばめられているのだ。
彼らの多くを足止めするのは、ただ土地に潜むネバーボーンだけである。
幸運にも、その土地に何があり、そしてどのように戦うのが最善か、または彼らを避けるべきであるかという洞察と情報を、ドッペルゲンガーが提供してくれたのだ。そのため、ヴィクトリアはどんな競争でも優位に立っていた。

彼女たちと偶然に真実を知る事になった他の数名との間だけで慎重に保たれてきた秘密は“姉妹”の神秘として人々の間で大きな話題となっている。

ボックス・セット

ハイアード・ソード
ヴィクトリアのボックスセットには、ヴィクトリア自身を含む7体のモデルが入っている。
彼女の対となる存在であるヴィクトリア・オブ・ブラッドはゲームにおける最も致命的なモデルの1体であり、テイラーはバトルにおいて増援をサモンしたいと望む人にとっては悪夢となるだろう。

スチューデント・オブ・コンフリクト(紛争地の学生)は、殺意に満ちた見習いとしてヴィクトリアを助けて彼女達について行き、ローニンは、その蠱惑的な変装で仲間のクルーである致命的な傭兵達から敵の気を逸らしてくれるのだ。

タクティクス

ヴィクトリアは“大切断の嵐”という物語の一つとして語られている。そのマサムネの刃を振るい、それぞれの姉妹は高い攻撃値とダメージで強力なパンチ力を利かせるのだ。
最初のパンチで敵が倒せなかったとしても、必要なだけパンチを打ちこめばいい、という哲学をあなたが学ぶだけだと彼女たちは教えてくれる。

Vブラッドヴィクトリアと彼女の姉妹たちは、だがしかし“魂を持たぬ機械”ではない。
彼女たちは、協力して大勢を殺す戦術を使いこなす熟練の腕前を持っているので、とても高給取りの傭兵である。
それぞれのヴィクトリアは、互いが近くにいても離れている時にも役立つ増強能力を持っている。そのため、あなたは究極のゴールに向けて彼らを配置する事が重要になるだろう。

ヴィクトリアは、いくつかの強力なアップグレードにアクセス可能だ。
「シーズールの印(Mark of Shez’uul)」は、彼女のどちらかが様々な防御方法を無視してツバメを切り殺す事を可能にする。「シンクロナイズド殺戮法(Synchronized Slaying)」は、アクティベーションの命令を無視して両者が次々と行動する事ができる。
「魂の姉妹(Sisters in Spirit)」によって彼女達が戦場を走り回る間「姉妹たちの激怒(Sisters in Fury)」がダメージをブーストさせる。

これらのアップグレードによって、ヴィクトリアが死んで欲しいと望む敵は確実に死を迎える事となるだろう。

MUROさん投稿の「ハイアード・ソード」クルーはコチラ!