マリフォー・キャンペーン「分かれ道」ストーリー・エンカウンター②

分かれ道

(゚∀゚)11月20日まで開催中!世界中のコミュニティから参加できるマリフォー・グローバル・イベント「分かれ道」

新たに公開されたストーリー・エンカウンターをさっそく抄訳しちゃいました!3人の運命は果たして・・・!?

※下記は、Wyrd社マリフォー公式HPに掲載中のイベント情報を抄訳したものです。イベントの詳細は必ず原文を参照してください。

グローバル・マリフォー・イベント
「分かれ道(Divergent Paths)」

ワガママな男

「突破せよ(Breakout)」
アルカニスト勝利!

ワガママな男は、汽車から降りた直後にウィッチハンターによって捕えられた。この仕打ちに、彼はマリフォーで展開されている産業とのコネをいくつかあげて抗議したが、その言葉は無視される事になったのだ。
彼らはパトロール用運搬車のドアがロックされた後部に彼を放り込み、ギルドの領地へと連れて行くために出発した。そこで、彼は身分に応じて扱われる事になるのである。
ある一つのグループが、このワガママな男が解放され自由に歩ける日を見ようと固く決意している事を、まだウィッチハンター達は知らない…。

男が自分の運命を嘆いている真っ最中に、とても大きな何かが輸送車の側面にぶつかってきて、席から床の上へと彼を打ちつけた。それは大型の車両を完全にひっくり返す程では無かったが、輸送車は車輪の上にドンッと戻るまで長く揺れていた。
輸送車の外からは熱狂的な雄叫びが聞こえたかと思うと、激しい銃声と自然のモノとは思えない大きな怒声が聞こえてくる。後ろのドアの横木が掛けられた窓に自分の身を押し付けて、外で何が起こっているのか見ようと彼は一方向に小さく身を縮こませた。
発砲音はまばらになっていたが、遠くに砂塵が舞い上がるのが見え、騎乗したギルドの増援がやって来るようだ。輸送車が一方へと急に揺れたので彼は跳ね飛ばされ、一瞬、巨大な猿が片手に暴れる馬を抱えてユラユラ前へと進んでいくのが見えた。それは輸送車を曳いていた馬だとワガママな男は気付いた。
猿は前へと突進して暴れる馬をマウンテッド・ガードマンへと投げつけ、その二人を叩き落とし、彼らと馬とを地面へと打ちのめした。攻撃を避けたガードマンはカービン銃で発砲し始め、それに答える様に、殺人猿は咆哮を上げながら軽やかに駆けて接近していった。

窓からさがって、男は自分の胸に手を押し付けた。攻撃が始まった時から彼の鼓動は激しくなっていたが、それよりも激しく脈打つ今、彼の心は即時の安全を求めていた。壁にもたれながら大声で助けを求めたが、そうではないと気付き、医者が必要だと叫んだ。
窓の横木を掴もうと伸ばした手の甲に黒い体毛が生えている事に気付き、彼は恐怖でのけ反った。その指の皮膚を鋭い爪が突き破り、前方に曲がり伸びていく。
燃えるような全身の痛みに彼は地面に倒れ、その痛みの叫びはいつしか残忍なる怒りの遠吠えへとなっていた。
戦場の彼方で、女は身体を前方にしゃがみこみ地面から深く息を吸い込んだ。そして「成し遂げられました」と告げると、彼女は逞しい力強い男を見上げるように振り返えった。それを認める様に男は頷いたが、その視線は運搬車へと注がれたままであった。
鼓動が3回鳴り響くと、運搬車のドアがヒンジから引き離され脇へと投げ飛ばされた。唸り声を挙げる暗青色の毛皮で覆われた狼のような生き物が運搬車から這い登ってくる。

男は頭をあげると鼻から空気を吸い込むと、狼のような獣に向けて手を伸ばし、その精神に小さな一突きを加えた。かつてワガママな男であった生き物は身を屈めて、躊躇なく生き残りのウィッチハンターの上へと躍りかかった。その身体はバラバラに引き裂かれ、血が四方へと飛び散った。
仲間たちが廻りこんできてショットガンを撃ち込み、狼のような生き物の胸に爆発を巻き起こすと、それは足から崩れて地面の向こうへと転落した。生き物は痛みをこらえて立ち上がると、今の怯えるガードマンを獲物にするべくゆっくりと忍び寄りはじめる。
「非常にすばらしい仕事だよ、コリーン。私でもここまでの事は出来なかったのではないかな。」
マーカスは彼の見習いに嬉しそうに微笑み、その功を報いた。彼女は思わず微笑みそうになったが、彼の視線はすでに狼のような生き物と叫び声を上げるガードマンの方に戻っていた。
「非常にすばらしい仕事だ、本当に…。」

「大乱闘(Rampage)」

はじめに

オーダー・オブ・キメラは、ワガママな男を野獣へと生まれ変わらせる事に成功した…だが、その儀式は少し上手くいきすぎたようで、彼は現在大暴れして手に負えない状態である。

儀式によって彼を一時的に元の男性に戻す事もできるが、残念ながらすでに他のファクションも事件を嗅ぎ付けて、彼を元の姿に戻そうと、その儀式を催そうと試みた…。

セットアップ

30mmのウルフビースト・マーカーを戦場の中心に配置する。それはインパッシブルです。
このシナリオはストラテジーとして数えられます。プレイヤーは通常通りランダムにスキームを決定してください。

ディプロイメント

このシナリオでは、フランク配置を使用します。

スペシャル

ウルフビースト・マーカーの5インチ以内でアクティベーションを終了させたモデルは、フェイトデッキからカードを1枚フリップする、それはチートできない。
ラムまたはクロウが出たらモデルにベースコンタクトするようにウルフマーカーを配置し、敵はモデルに対して2/4/6のダメージフリップを与えます。

勝利

第2ターン以降の各ターン終了時に、各クルーはウルフビースト・マーカーの3インチ以内にある友軍スキームマーカー1つにつき1VPを獲得する。
その後、ウルフビースト・マーカーの3インチ以内にある全てのスキームマーカーを取り除きます。

クルーは、このシナリオから最大6VPを獲得する事が可能です。

シフティング・ロイヤリティ

このシナリオを「シフティング・ロイヤリティ」キャンペーンの一部としてプレイしているのであれば、クルーはシナリオから獲得した各VPごとに1スクリプを獲得します。

ワガママな男は、シナリオを獲得したファクションに応じて以下のような変化を経験する事になる:

ギルド:男の大乱闘はスラム街の奥深くへと彼を導き、その通り道にバラバラ死体を残していった。
彼が新たな殺しを行おうとしている丁度その時、スナイパーの弾丸がその頭を捉えた。そして秘密の弁護団は地面に打倒された彼の下に近づき、人間を獣に不当に変換する事を禁じた怪しげな法律を読み上げたのだった。その法律用語によって施された怪しげな魔法は彼の身体をねじまげ、人の姿へと戻す事に成功した。
男は逮捕され、ギルドゴールの特別保護施設に留置され長い時を過ごし、何とか自分の人生を救う手段を見つけるため律法書を読み漁った。細かい記述も熱心に調べ上げた結果、彼は徐々に弁護士たちが彼を変身させた法律用語のパターンを見つけ出し、自分でもそれを操つる方法を学び始めたのである。

リザレクショニスト:狼のような獣が取り囲んでいるゾンビを切り倒すが、それを1体倒すたびに、もう1体が押し寄せてくる。その強力な治癒能力をもってしても切り傷から受ける感染症のダメージは防ぎきれず、しだいに彼も疲れて果て喘ぎ声をあげていた。
ゾンビの群れが二手に分かれると、そこには漆黒の馬上に片鞍で騎乗しているほっそりとした女性が現れた。彼女は片手をあげて力強い言葉を唱えると、彼の世界は巻き戻され獣の姿は元通りとなった。女は彼が“何者となったのか”その本質を明らかにした。そう、彼は人を殺して死体にするだけではなく、その魂をも貪る存在となったのである。
彼女は、彼が罪のない人々を大量虐殺する事をやめるのであれば、この魂の力を活用する方法を教えると約束した。男は己を恥じ、彼女の願いに答える事にしたのであった。

アルカニスト:オーダー・オブ・キメラは、狼のような獣を首尾よく罠に捕えて儀式を行い、消耗し混乱した人間へと彼を戻した。
彼を脇へと連れて行き、自分達だけが彼の変化をコントロールする能力があり、人間のままでいたいのであれば、ギルドとの契約を終えてM&SUとの独占的なビジネスを行うよう企業とのコネを使って説得するように、と彼らは説明した。
彼は渋々同意し、その協力と引き換えにオーダーは、彼が人間の姿においても狼が持つ感覚力を利用できる力を与えたのだった。

ネバーボーン:街中で暴れ回っている時に、狼のような獣は低い壁に座っている若い赤毛の女と出会った。彼女は襲いかかってきた獣を試すかのように冷笑を浴びせ、彼が必殺の一撃を加えるたびにおぼろげな記憶の様に姿を消して2、3ヤード離れた場所に再び姿を現すのだった。
彼の怒りが頂点に達すると、彼女は笑いながら歩み寄り、その細い手を彼の額に置いた。彼女は「あなたは真なる狂気に達しようとしている。」と、あまるで感心したかのように囁いた。
「もっと獣におなりなさい。」
それは、すでに決壊したダムに無念と怒りで溢れる川に狂気の蓄積を解き放ったようなものだった。獣は真夜中まで飛び回り、月に向かって咆哮する。その恐るべき音色は、それを聞く全ての人々に狂気を伝染させていくのだった。

アウトキャスト:血塗れの獣は暗闇に身を隠し、自己嫌悪に震えながら、その毛皮から血を舐めとろうとしていた。怒りは薄らぎはじめ、彼の中にある人間は自分が一夜のうちに何人を殺したのか理解し始めていた。
突然、シルクハットとポンチョを身に着けた男が叫びながら通りの角から現れ、彼の胸に2丁のショットガンの銃身を押し付けて彼を押し倒した。獣が立ち上がろうとした時、その傍らにバンダナで半分顔を隠した女が現れて力強い言葉を囁くと、その姿は崩れ男の姿へと戻ったのだった。
盗賊たちは彼を家の中に引きずり込み、ギルドのパトロールから見つからないようにした。すっかり傷つき弱った彼はそこに留まり、そして彼を救ってくれた女盗賊と恋に落ちたのだった。彼女も、彼の愛情に惹かれて、その記憶として彼女の幸運なるバンダナを与えたのだった。

グレムリン:ウォンは、それが彼の“豚の呪い”だと勘違いして、暴れ回る獣を追い詰め紐でふんじばった。豚のような生き物の代わりに狼のような生き物を見つけて、彼は調子に乗って「悪魔の三つ口」を使って彼を元に戻す儀式を行った。男は段々と元の姿に戻りはじめ…ちょうど良い時間にウォンは彼の頭に岩を打ちつけた。
彼が再び目覚めると、バイユーの深い泥だらけの穴に入れられており、その入り口は歓声を上げるグレムリン達に囲まれていた。グレムリンは次々と穴の中に動物を投げ入れて、何とか生き残るために何度も獣に変身する事を強要された彼は、数週間にわたって消耗しきって動けなくなっていた。
この試練は彼を限界の彼方に押し上げ、生き残るために、より強く、より俊敏で、よりタフな自然の力を身に着けさせたのだった。

テンサンダー:街で暴れ回る狼のような獣をテンサンダーは許さず、彼らの敵を街から自分たちの縄張りへと巧みに誘導していった。
最後に、捕えた獲物を餌にしている獣に、独りの修道僧が近づいていく。狼のような獣は直ちに彼に跳びかかってきたが修道僧はその攻撃を次々に避け、怒りに捕われた狼は激しく詰め寄るが、その怒りはさらに向う見ずな攻撃へと彼を駆り立てるのだった。
疲れ果てた獣が最後に地面に崩れ落ちた時、修道僧はその手を狼の額に置き、彼の主人から伝えられた古代の言葉をつぶやき、獣から男の姿を取り戻させた。
「貴方はとても疲れていますね。」と、ユウ先生は告げた。「私と来て、一緒に訓練を受けましょう。私は自らの中にある悪魔を制御する方法を知っています。」
他に何も選択肢はないので、消耗しきった男は頭を垂れ、何だか上機嫌な修道僧の下で訓練を受ける事に同意したのだった。

イタズラ好き

「解放された混沌(Chaos Unleashed)」
リザレクショニスト勝利!

イタズラ好きのもとに迫るウィッチハンターから逃れる手段を幾つか見つけようと、列車の側面に降り彼女は1つの方法を見つけ出した。
彼女は自分の中に、野火のように彼女の静脈を通り抜け、彼女の骨を一つに縛りつける電撃のような何かが目覚めつつあると感じていた。
ウィッチハンターが銃を彼女に向けて降伏するように要求した時、彼女はその手を彼らに向け、その感覚を外へと解放した…そして運命は解き放たれたのだった。

女は驚いて眼を瞬かせた。
先ほどウィッチハンターが立っていた所には、切り落とされた頭を持ったちょっと猫背の男だけが立っていたのだ。彼も、この演出には彼女と同様に驚いたようで、ちょうど彼女が手を伸ばしたくらい離れたまま、しばらくお互いジッと見つめあっていた後、列車の木製プラットフォーム上に血をゆっくり滴らせながら彼の手が頭を掴んだ。
遠くの右手から男が上げた「魔女め!」という声が彼らの上に流れていた時間を解き放ったかのように、せむし男は円滑な動きで頭を低く放り投げ、人手を借りずにトスしてきた。彼女は思わず頭を掴もうと手を伸ばしたが、何をしようとしたか気づいたように驚いて悲鳴を上げ、それを跳ね除けた。
彼女が血塗れの手をドレスで必死に拭いながら見上げると、その小さな男が、まるで彼女を導くように急いで去っていく姿を彼女は見つけた。
彼女は彼の方に近づこうとしたが、ちょうどその時、ガードマン達が駅に到着してきた。「待て!」と彼は叫び、こちらに振り替える様に彼女に促した。彼は彼女の染みだらけのドレスを目に停めて目を丸くし、その目線は彼女と同時に、ちょうど彼女が立っていた所の近くに倒れている切断された指導者へとチラッと向けられたのだった。

「これは違うの!」と、彼女は声を上げ、どうしようもなく血塗れの手を挙げた。
ガードマンはピストルを手探りで探したが、何があったかを悟り彼女を罵りながら近づいてくると、するどく彼女の膝が彼の急所を捉えたのだった。ガードマンは喘ぎ喘ぎ悪態をつきながら地面に崩れ落ち、彼が銃を手に取る前に充分な距離を置く事ができるように、イタズラ好きは走り出した。
発砲音を聞くと同時に、ボーリング・ボールのように投げられた何かが彼女の背中に当たり、彼女は地面に打倒した。ほこりの臭いをかぎながら、彼女は駅周辺で繰り広げられる激しい大きな戦いに気がついたのだった。
ギルドは激しい戦いの相手に遭遇していた…それはゾンビだったか?イタズラ好きは混乱して口を窄めたが、彼女の質問に答える者は誰もいない。そこには彼女を包み込む暗闇だけがあった。

イタズラ好きは喘ぎながらまっすぐ座り直し、その大きく目を見開かれ、心臓は太鼓のようにドキドキと鼓動を立てていた。
その部屋にはもう一人の男 - 彼の目はゴーグルの奥に隠され、かろうじてボサボサの赤毛を抑え込む額帯鏡を身に着けている - がいて、彼は驚きの声を上げるとともに、彼女の喉にメスで切り付けて動脈を切断し、天井の向こうまで血を噴出させたのだった。
血の流れを止めようと彼女は自分の手を首に押し付けたが、時すでに遅し、悪態を呟きながら彼女の目は頭に記憶を残し、再び暗闇の中へと落ちて行った。
しばらくの後、自分がまっすぐ座っている事に気がついて、彼女は驚きの声を上げた。今度は間近から彼女を見つめていた医師は、そのクリップボードの上にメモ書きを走らせていた。

「実に面白い。」
彼は不穏な笑みを浮かべて、彼女に手を伸ばしながら「生の世界にお帰りなさい!貴女の身体は注目に値します。」とつぶやいた。
「私も、それに気付いています」と、彼女もつぶやくと、首の傷に触れようと手を伸ばした。驚いた事に、傷跡の残りどころか切り裂かれた痛みさえなく、スベスベとした肌だけがそこにはあった。
彼女は眉をひそめ、部屋を見渡しながら状況をじっくり検討しようと考えた。壁に飛び散った血がまるで拷問室のように見させていたが、その部屋はある医学実験室のようだった。
自分の身体を見下ろして、彼女は自分が裸な事に気がついた。
「私も、私たちが共に気付いていると思いますけど?」まるで彼女が何について言っているのか理解していないかのように、医者は微かに「うーん?」と首をかしげ、彼女が説明するよりも前に、クリップボード上のページをめくり返し始めた。

「しかも言葉を話すとは!喉頭を切断されたのに…とても興味深い再生能力が…」彼はメモを見続けながら、彼女の首に指を押し付けた。イタズラ好きは無言の怒りで眉を吊り上げたが、当面静かにしているつもりだった。
「脈も強い!とても非常に面白い。」医師は、まるで自分の脈を取っているかのように、その手を自分自身の首に押し当てた。
「じぃぃぃぃぃぃつに興味深い!」彼は呟きながら彼女に振り返り、その眼を細めた。
イタズラ好きは自分の喉をあらわにして言った。「降りて服を着てもよろしいかしら?お気になさらないならば、そろそろ失礼したいんですけれど、先生…?」
「マックモーニング」男はそう言うと、クリップボードを脇に投げ、彼女の手を取って握手をした。それは床に転がり向こうへと滑っていき、怪しい医療機器で満たされた高いキャビネットに当たって止まった。

「私はギルドの最高検死官を任されており、貴女は完全に死んだ女性だった。私が知る限り、負傷した際にはガードマンの1人が30フィートの距離から正確に貴女を撃ってバラバラにしたそうです。」
彼はふと目に停めた回転ノコギリを手に取って刃を見下ろしながら、帰り支度をする彼女をチラリと見て、その姿の上に視線を彷徨わせた。「私は、彼が表彰を受けると聞いています。」
女は咳払いをして、自分と狂人の間に鋼鉄製の台車がくるようにゆっくりと動いた。「それは少し早すぎるのでは?彼はつまり、少しの間私を殺しただけなのでしょう。それは他のガードマンさん達にとって悪いお手本になってしまうかもしれませんわ、そう思われません?」

マックモーニングは、考え込んでいるかのようにジッと止まっていた。
「良い指摘です。」と彼は認め、テーブルへと戻ってノコギリを大きな音を立てて落とした。彼は彼女の後ろに歩いてくると、研ぎ澄まされたメスを自分の唇に軽く打ちつけながら、ゴーグルの向こうから慎重に彼女を値踏みしているようだった。
「とても良い指摘だ。」彼はもう一度付け加えると、彼女には聞き取れない声で何かに答え、喘ぎながら偏執的に部屋中を眺め回しはじめた。
「えーっと…先生はとてもお忙しい方のようですね。」彼女は癒される声でゆっくりと提案した。「これから私の服を見つけたら、外でコーヒーでも飲みながらじっくりお話ししませんこと?たぶん、この外科室には無いんでしょうから?」
「良い指摘です!」彼は手を叩くと、かろうじてメスで自分の指を切り落とす事を避けた。「私には新しいアシスタントが必要なのです、セバスチャンは全く役に立たない。まさに昨日、彼は手術の真っ最中に姿を消したのです!」
マックモーニングは、メスを振り回し彼女を指し示した。「会話中に居なくなるとは、なんて失礼な!私は、彼の脳ミソを固定したままにするべきではなかったのでしょう。腐ったレタスは所詮腐ったサラダにしか使えないのです!」

イタズラ好きは神経質に微笑んだ。「その声は…ちょっと大きいですわね。ところで私に制服がありませんか…?」
医師はうなずいて同意し、口をつぐんで彼女を放っておくことにした。
「私の運命」と、ため息交じりに彼女は呟いた。「ここからの出口を私は見つけなければ。」

「死体狩り(corpse Hunt)」

はじめに

2、3週を費やして、Dr.マックモーングに同伴しながら、イタズラ好きは彼を説得してセバスチャンの任務の1つを彼女に引き継がせる事に成功した…つまり、医者にとって必要な死体を獲得する事である。

彼女は、現在の苦境から助け出してくれる何者かを見つける事を願って様々なグループと連絡を取るチャンスを利用した。彼女を救援に来たあるグループに代わって、2組が現れた!
この機会を逃さぬため、イタズラ好きは両方のグループに対決してもらう事に決めたのだった。

彼女のおかげで最後に死体の山が沢山出現したのなら、Dr.マックモーニングの任務から逃げ出した彼女への怒りも少しは緩和されるかもしれません…戦いの後には、沢山の死体が残されるのだから。

セットアップ

戦場の中心に30mmトリックスター・マーカーを配置する。それはインパッシブルです。
配置ゾーンを決定し、各プレイヤーがそれぞれのモデルを配置する前に、各プレイヤー交互に2個のコープス・マーカーを戦場に配置する。それは各配置ゾーンから最低6インチ離さなければならない。

このシナリオはストラテジーとして数えられます。プレイヤーは通常通りランダムにスキームを決定してください。

ディプロイメント

このシナリオでは、コーナー配置を使用します。

スペシャル

そのカード上にコープス・マーカーを持たないモデルは、自身にベース・コンタクトするようにコープス・マーカーを配置するために(1)インタラクト・アクションを実行できる。

勝利

トリックスター・マーカーの1インチ以内にいるモデルは、カード上にあるコープス・マーカーを捨てて1VPを獲得するために(1)インタラクト・アクションが実行できます。

クルーは、このシナリオから最大6VPを獲得する事が可能です。

シフティング・ロイヤリティ

このシナリオを「シフティング・ロイヤリティ」キャンペーンの一部としてプレイしているのであれば、友軍モデルがカード上にあるコープス・マーカーを捨てて1VPを獲得するこのシナリオに敗北したプレイヤーは、ゲーム終了時にインプレイにあるモデル1体を選び、以下のページにあるキャンペーンアップグレードを付ける事が可能です。

イタズラ好きは、シナリオを獲得したファクションに応じて以下のような変化を経験する事になる:

ギルド:死体の売買は、実はデスマーシャル達によるおとり捜査の一部である事が判明した。逃げだした彼女の抗議の試みにも関わらず、彼らはイタズラ好きを何とか逮捕して、収容所に連れ戻す事に成功する。何時間にもおよぶ尋問の後 - 彼女は恐ろしいせむし男による精神制御に置かれながらも、嘘の話を何時間も通し続けた - 彼らは彼女を解放したのだった。
彼らのオフィスを出る時、もしデスマーシャルに変装できたなら何かと便利かもしれないと思いつき、彼女はギルドの保安官バッジと長いダスター・コートを盗み出したのだった。

リザレクショニスト:イタズラ好きは死体と共にマックモーニングの下に戻ってきて、彼が彼女のサービスを手放す気が無い事を思い知ったのだ。逃げようとした彼女をセバスチャンが追いつめて殺害した。生き返る時にマックモーングは彼女の皮膚を剥ぎとり、彼のより“信頼できる”ナースの1人に与えたのだと、彼女は知った。
自己憐憫に浸るよりも、イタズラ好きはマックモーングがナースの姿を彼女に似せるための手術を行うところを盗み見て、その痛みを和らげるために皮膚を筋肉に定着させる方法を学んだのだった…彼女は犠牲者の皮膚を剥ぎとり、変装する事にする。

アルカニスト:イタズラ好きは沢山の死体に囲まれて過ごす事が気味が悪く、あたり前のように賛成できなかった。駅における彼女の“死”以来、人々がそれをどのように味わうのか考える事を彼女は止める事ができなくなっていたのだ。
一度ならず、彼女は、助手たちが運んできた凍死した死体が積まれたカートを物欲しそうにジロジロ見ている自分自身に気付いた。彼らは彼女の気持ちに気がついて、彼女がいつでも飢えを楽しむ事ができる場所を教えると申し出る。彼らは、彼女に変な色をしたジャーキーを指しだし、しばらく躊躇した後、イタズラ好きはそれを噛む事にした…そして、もう一つ、もう一つと。
肉を食べる事は、彼女の中に飢えを呼び起こすだけだったので、彼女は新しい仲間と共にワゴンを北にあるテン・ピークへと進めた。そこで、彼女はカルトのリーダーと出会い、彼女の中で成長する飢えについて多くの事を学んだのだった。

ネバーボーン:彼女はネバーボーンと働く事を嫌っていたが、死体は死体であり、彼女は厳しいスケジュールに追われていた。彼らは彼女が死体を運び入れるための麻布製のバッグまで用意しており、イタズラ好きは疑いながらも他に選択肢も無いので、それを使う事にした。
検死官のオフィスへと引き上げる途中、バッグは震え激しく踊りはじめ、下の方にある“足”で立ち上がると、麻布に切れ込みを入れた血塗れの口を使って彼女に笑顔を見せたのだった。
イタズラっぽく微笑んで、彼女は縫い合わせた死体バッグを検死官のオフィスへと戻した。そこで奴らは飛び上がって医師と彼のアシスタント達を驚かせ、熱心に研究室を破壊した生き物たちは飛び出していった。

アウトキャスト:イタズラ好きが死から帰ってくるという噂は、レヴェチカスが帰還する方法を発見できるかもしれない。彼は彼女に近づき、彼女が新たに見つけ出した能力を理解する事を手伝うと申し出た。
気味の悪い老人と、あまりに凶暴な彼のアシスタント兼パートナー兼ガールフレンドに対して慎重だったのだけど、彼はマックモーニングの狂気に代わって真の答えを教える事を約束してくれたので、結局は彼の生徒となる事に同意したのだった。

一緒に死体を運びこんだ彼らは、レヴェチカスの今にも崩れ落ちそうな質屋へと訪れ、不死魔術の力を使って他の生物をエントロピーの力で弱め、彼女の中に彼らへの道を拓く方法を教えた。

グレムリン:彼女の雇い主から逃げる方法を見つけるには、イタズラ好きは問題の解決が遠いバイユーの沼地にあるかもしれないと気がついた。
ごく僅かの安全な取引を通して、彼女はグレムリンにも死体を提供しており、そのうちの1人が自分の従兄弟を剥製師として育て上げるまでの間、彼は取り決めに対して妥協してくれるかもしれない。
剥製師が新しい人間の死体からどんな物が作れるのか見たいと熱望していると聞いて、グレムリンはイタズラ好きを沼へと招き、皺だらけのグレムリンに合わせた。彼は“正しい剥製術”を順番に見せてくれたのだった。

テンサンダー:イタズラ好きは、その魅力と狡猾さを使って“彼女を”彼女の“容赦ない雇い主”から“助け出す”ように、その放浪する一団を説得したのだった。彼らが研究所を破壊し、灯油をまいて火をつけると、彼女は彼らと共に夜陰に乗じて検死官のオフィスに立ち戻り、こっそり物を集めた。
炎を上げる地下から急いで立ち去り、ギルドの領地から抜け出す時の慌ただしいアドレナリンや彼らの呑気な窃盗ライフ・スタイルを楽しむためだけに、彼女はしばらく放浪する一団の家に滞在する事を決めたのだった。
彼女は、彼らのリーダーを説得して彼のカスタムで作られたピストルの射撃方法を教えてもらった。

余った死体(Surplus Corpses)

このモデルは以下のタクティカル・アクションを得る:

(0)「それで、我々はこの死体をどうすればいいんだね?」:このアップグレードを破毀する事で、このモデルとベース・コンタクトするように2個のコープス・マーカーを配置できる。その後、カードを1枚ドローする。

子供

「解放された混沌(Chaos Unleashed)」
ネバーボーン勝利!

彼女が列車から降りると同時に、ウィッチリング・ストーカーの姿が彼女のすぐ後ろにあった。気味の悪いフードをかぶった奴等から逃れようと彼女は駅の手すりの下へと逃れたが、新しい匂いを捕えたブラッドハウンドの様に彼らはしつこく彼女の後を追ってきたのだ。

近くの裏通りの陰から、ウィドウ・ウィーバーは手に持ったパラソルをクルクル回しながら、心配そうに子供の旅を見守っていた。彼女は幼い子への同情を痛感し、一瞬の躊躇の後に、女の子を守るために鉤爪の手でドレスを持ち上げながらその後を追いはじめた。
フードを被ったウィッチリング達はすばやく女の子に近づき、ついに住宅区で彼女に追いついた。彼女が助けを求めて悲鳴を上げ、二階建ての家の壁に身体を押し付けたが、家の窓から観ている人がいたとしても、彼らはウィッチハンターのやる事に関わる気は無いのだろう。
ウィッチリング達は彼女に近づき、彼女の人生を終えるべく狙いを澄ましてピストルの照準を合わせた。家の後ろから、とても大きなテディベア - その笑顔の形に縫い合わされた口からは悪夢のような牙が沢山はみ出ている - が現れなかったとしたならば、それはまさしく終わりを迎えていただろう。
新たな脅威に発砲しようと、戦闘のウィッチリングがピストルを脇へと向けたが、それはあまりにも遅かった:テディベアは素早く距離を詰めて、巨大な鉤爪で彼らを打倒した。あおれはウィッチリングの頭の側面を捉え、絶望的な力でもぎ取ると、空中に放り投げて路地の向こうにある家のシャッター付き窓に叩きつけた。

一瞬の後、ウィッチリングの身体と頭に突然火がつき、頭が落ちたバラの茂みに火が燃え広がった。子供は後ろに逃げて、頭を手で覆って巨大なクマと発砲音から身を隠そうとした。彼女は強烈な煙の悪臭を感じたが、弾丸や鉤爪のどちらもどうにか彼女に向ってくる事はないようだ。
彼女が指の隙間から外をのぞき見ると、テディベアが、その巨体を使って彼女に向って撃ちこまれた弾丸の雨から彼女を守るためにフードを被った奴等との間に立ちふさがっているのが見えた。
クマは燃えていたが、それに群がる小さなウィッチリング達をなぎ払い、物ともしていない様子だ。フードをかぶった奴の1人に、大きな音を立てて巨大な足を振り下ろした。それは死んだようで、ウィッチリングは火の玉となって爆発し、その炎は松明のようにテディベアの姿を照らしていた。

全ての敵を倒すと、真っ黒に炎で焼かれているのに笑ったままの恐ろしい顔で彼女と向き合うために、クマは彼女のもとに引き返してきた。それが火のついた腕を上げると、彼女の人生を終わりにする一撃に女の子は身を縮こませた。だが、彼女を殺す代わりに、クマはお別れの挨拶をするように手を振って、一歩さがって、大きな音を立てながら地面に崩れ落ちたのだった。
巨大なクマが彼女に対して害意を持っていなかった事に気がついて、彼女は家の裏庭に急ぎ洗濯物の中からベッドカバーを手に取って、炎を叩いて消そうとクマの下へと急いだ。炎が消えた後、その焼け焦げた人形は動かない事に気付き、彼女の目には涙があふれてきた。
「ありがとう」と彼女は囁き、その小さな手で焼け焦げた手を握ったのでした。

何かが彼女の脇に近づいてきたのでそれを見上げると、仮装したクモのような人型ロボットを目にして驚きの声を上げた。そのキチン質の手の一つはパラソルを掴み、他の手は糸切りバサミと針、ボールを掴んで彼女に差し出していた。
「これはアナタが持っていなさい。」と、驚くほど親切な声でクモのようなものは囁いた。「まだ遅くはないわ。でも急がなければ、マイ・ディア」
一瞬の躊躇の後、女の子は手を伸ばして裁縫道具を受けとった。
「どうすればいいのか教えてくれますか?」と、少し神経質な声で彼女に尋ねると、クモは黙ってうなずき、最初にどこからカットするべきか教えるため、さらに近くに寄ってきたのだった。

「断片を集めろ(Gathering Scraps)」

はじめに

子供は、彼女を助けてくれたテディベアの残骸を小さなクマに縫合したが、もう一度力強く戦えるように動くためには2、3の布の断片が必要なようだ。
ウィドウ・ウィーバーによると、それには強い力を持った人々に切り裂かれた布片を使わなければならないようです…彼女の新たな友人は、それを見つける事を手伝う事ができたでしょうか?

セットアップ

ディプロイメントの前に、各プレイヤーはリーダーとリーダーではない最も高価なモデル2体のスタットカードの上に30mmファブリック・マーカーを置く。

このシナリオはストラテジーとして数えられます。プレイヤーは通常通りランダムにスキームを決定してください。

ディプロイメント

このシナリオでは、スタンダード配置を使用します。

スペシャル

カードにファブリック・マーカーを持っているモデルがキルされた時、プレイから取り除かれる前に、それにベースコンタクトするようにファブリック・マーカーを配置する。
ファブリック・マーカーとベースコンタクトしているモデルは(1)インタラクトアクションを行い、ファブリック・マーカーをカードに置く事ができる。

勝利

ゲーム終了時に、各プレイヤーは友軍モデルのスタットカード上にあるファブリック・マーカー1個につき1VPを獲得する。

クルーは、このシナリオから最大6VPを獲得する事が可能です。

シフティング・ロイヤリティ

このシナリオを「シフティング・ロイヤリティ」キャンペーンの一部としてプレイしているのであれば、ゲーム終了時に友軍モデルのスタットカード上にあるファブリック・マーカー1個ごとに2スクリプを獲得します。
ウィッチリング・ストーカーがゲーム終了後に生き残っているのであれば、このシナリオに敗北したプレイヤーは1体のウィッチリング・ストーカーを彼らのクルーの武器庫に加える事ができます。

「分かれ道」
子供には以下の攻撃または能力がつき、それによってファクションはこのシナリオに勝利します。

ギルド:ギルドを人道的な組織だと見てもらう事が人材発掘において絶対必要とされるため、ネリー・コクランは仲間のギルド・メンバーとともに、彼女の魅力的なテディベアを修繕するために必要な布片を集めるため貧しい孤児の子供たちに手伝わせる手配をした。
ニュースは大きな成功となり、一夜にして予想もしていなかったほどの名声を受ける座へと子供を押し上げた。その名声を利用しようと、裕福な企業マンによって女の子は採用され、これまで望む必要な全ての物を与えられたのだった。

リザレクショニスト:女の子がお人形のための材料を集める事を手伝っているリポーターのような服を着たステキな女性には、彼女を少し不快な気持ちにさせる何かがあった。しかし、彼女が持ってきてくれる布片はとてもステキで、彼女はテディを盛装させるためのとても可愛いコスチュームをいくつも教えてくれるのだった。
子供に住む所がない事を知って、リポーターはしばらく彼女の家に泊まろうと女の子を誘い、彼女の友人であるフリップが行方不明になって、いま少し寂しいのだと説明した。子供は誘いを受け入れ、彼女が眠っている間に人々が決して知るべきではない冒涜的な秘密を共有しようと、モリーは夕方の時間を費やしたのだった。

アルカニスト:テディベアを治すために布片を集めていた子供は、偶然スター・シアターのショーガールに出逢う。そこで、ショーガールと彼女の友人たちは、女の子と彼女の魅力的なぬいぐるみ動物を溺愛し、彼らを「見苦しくなくしなくちゃ」と、綺麗に着飾ってくれた。
2週間後には、スター・シアターのステージに仮装を着て立っている事に気付いた子供は、本当のショーが始まる直前に、前座としてクマと一緒に手品を披露したのだった。子供は、自分がステージに立っているのが本当に楽しい事に気付いた。彼女のルーチンに何曲か追加の“ポップ”を加えるため、仲間のショーガールたちは少し巧妙な手品を彼女に教えたのだった。

ネバーボーン:ウィドウ・ウィーバーは彼女の耳元で囁き続け、テディベアが完全に機能を回復するように彼女の裁縫仕事を導いた。
残された部分に対してもいくつか提案があり、彼女のテディベアがいつでも助けてくれるようにウィキッド・ドールを縫い込む方法を子供に教えてあげたのだった。

アウトキャスト:女の子が自分の布片と共に帰って来るのを知り、2匹の大ネズミ達は子供を待ち伏せし、彼女のテディをかじって引き裂こうとした。彼女は、そいつらを激しく叩いて追い返したが、その唾液がテディの詰め物を汚染してしまう事から守る事は出来なかったようだ。
その数日後、さらに悪い事に女の子は病気に感染していた。テディと共に並んで歩く二人は、自分がその後に散らばる病気の原因となっている事には気づいていないのだった。

グレムリン:子供のために布片を集めていたグレムリンのいくつかは、彼女のテディベアに憧れて遠くからそれを盗み出した。彼女は彼らを追って壁に囲まれた町を出て、ついに沼で彼らに追いつき、彼らの村の外でクマを取り戻す事に成功する。
タケットは女の子の勇気を賞賛して、彼らの夕食に加わらないかと動揺する彼女を誘った。彼女は夕食の間リトル・ラスの隣の席に座り、食事を食べる事になった。そしてラスと一緒にドリーが作る秘密主義で複雑な技術を教わりながら、子供とグレムリンの少女はぬいぐるみの動物ともそん色ない友情を築いたのだった。

テンサンダー:はじめ参王国の女はよそよそしくて冷たいと子供は思ったが、布片を集める事を手伝うと約束した彼女は、明らかに愛にあふれた人物だった。彼女は、子供の言葉に辛抱強く耳を傾け、テディを完成させる最後の布片を持ってくると約束する。それは一部が血塗れだったが、非常に貴重な高品質の絹でできていた。
親切な女は数少ない休暇をとってくれて、彼女はかがんで、彼女の扇を子供にプレゼントした。それは、この危険な街でトラブルから身を守る助けになるだろうと彼女は約束した。
女が立ち去った後、子供は扇を開いて思わず驚きの声を上げた:その表は恐ろしい悪魔の絵で覆われ、しかも、それは動いていたのだ!

パッチワーク服(Patchwork Clothing)

このアップグレードはキャンペーン・レーティングに影響を与えません。

このモデルがヘンチマンであるならば、それはエンフォーサーになる。エンフォーサーであればミニオンになる。ミニオンならばピオンとなる。モデルが所持可能なスキルの最大数には影響を与えない。彼らが規定数のスキルを追加するまで、必要なアニヒレイト・スキルのスキル上限を上回る事ができる。