4/30「マリフォー・トーナメント」ストラテジー&スキーム解説②!

第2戦

(`・ω・´)いよいよ今月4/30(日)開催の「第4回 マリフォー・トーナメント」では、Wyrd社の公式トーナメント・ルールである「ゲイングランド2017」ストラテジー&スキームを適用!

続いてトーナメント第2戦で使用するストラテジー&スキームを、またまたミスターMが勝手目線で解説いたします!

第2戦 50ss戦

・ディプロイメント:コーナー

・ストラテジー
 :インターフェアレンス

・スキーム
 :クライム・ジャンプ
 :フレイム・フォー・マーダー
 :ディグ・ゼア・グレイブス
 :インスペクション
 :マーク・フォー・デス
 ※「ハンティング・パーティ」→「マーク・フォー・デス」に変更しました。

第2戦 ストラテジー&スキームの特徴

ストラテジー「インターフェアレンス」

セットアップ
戦場を4つの18×18インチのある4分の1に分割せよ。

勝利点
第2ターン以降の各ターン終了時において、2箇所以上の4分の1を支配しているのであれば、クルーは1VPを稼ぐ。
4分の1を支配するためには、その4分の1以内に、クルーは最も多くのエンゲージしていないピオンではないモデルがいなければならない。これらのモデルは、戦場の中心から6インチ以内や、部分的に他の4分の1内にいてはならない。

:ゲイングランド2017でも、やっぱり「リコノイター」♪

基本”2ヶ所以上の「1/4区画」を支配する”という目標は変わりませんが、支配する条件がさらに厳しくなりました!
「リコノイター」では”より多くのピオンではないモデル”がいれば区画を支配できたのが、なんと!「インターフェアレンス」では“エンゲージしていない”モデルのみが対象に。「インターフェアレンス=邪魔くさい」の名の通り、チビ共がより邪魔くさいストラテジーになっています~。

このストラテジーは、とにかく数が重要!イザムがいくら暴れ回っても、サモンしたマインドレス・ゾンビ辺りを最後にチョロっとエンゲージさせておけばVPは取られません。「リコノイター」以上にリザレクショニストやアルカニスト、グレムリンの召喚系マスターが猛威を振るう予感が・・・。
反対に、召喚系マスターと戦う場合はマスター自身を強襲するくらいの勢いで”押せ押せ”で前線を押し上げて、お互い「インターフェアレンス」のVPを封じてスキーム勝負に持ち込むのもアリだと思います!

スキーム①「クライム・ジャンプ」

このスキームはゲーム開始時に公開できない。クルーが、このスキームからVPを獲得する際に公開する。

第2ターン以降の各ターン終了時において、戦場のセンターラインから2インチ以内にあり、かつ他の友軍スキーム・マーカーから4インチ以上離れていて、その2インチ以内に敵モデルがいないスキーム・マーカーを2個以上持つクルーは、1VPを獲得する。そして、センターラインから2インチ以内にある全ての友軍スキーム・マーカーを取り除く。

:またの名を”毎ターン”「ライン・イン・ザ・サンド」!

ゲーム終了時にVPを獲得してきた「ライン・イン・ザ・サンド」が、今度は各ターン終了時でのVP獲得へと進化。その代わり、スキーム・マーカーを配置できる地点がライン上から4in幅の帯になり、必要数も4個→2個へ、ちょっとマイルドになっています。
ただし!メンドーな事に、このスキームでVPを獲得すると毎回センターラインから2in以内のスキーム・マーカーが取り除かれてしまうので、ティターニアやパーカーのようにスキーム・マーカーをダメージや特殊効果にも使用しているマスターは特に要注意!!

「リコノイター」+「ライン・イン・ザ・サンド」に比べれば「クライム・ジャンプ」は”帯”の中を移動できるので、少し両立させやすい印象?
今回、コーナー配置でスキーム・マーカーが置きやすいので、特に相手クルーに”数”で優位に立てそうな状況なら「クライム・ジャンプ」おススメです!

スキーム②「フレイム・フォー・マーダー」

このスキームはゲーム開始時に公開できない。クルーが、このスキームからVPを獲得する際に公開する。

このスキームを選択した際に、クルー内のピオンではないモデル1体を”サッカー(クズ野郎)”として記録しておく。

選択したサッカー・モデルが、敵軍モデルにキルかサクリファイスされた時1VPを獲得する。
その敵軍モデルが、マスターかヘンチマンであれば追加で1VPを得る。
さらに、このスキームが3ターン以前に達成されたのであれば追加で1VPを得る。

:そのまま「フレイム・フォー・マーダー」、変更点も特にありません!

「インターフェアレンス」的に、くっ付いてきて邪魔なミニオンをブッ殺したら「(゚∀゚)それサッカーです!」というパターンが、相手の精神力に一番ダメージを与えるハズ♪
そんな駆け引きに持ち込めば「インターフェアレンス」を邪魔しやすい悪循環が提供できちゃいます。

スキーム③「ディグ・ゼア・グレイブス」

このスキームはゲーム開始時に公開できない。クルーが、このスキームからVPを獲得する際に公開する。

1ターンに1回のみ、クルーが1個以上の友軍スキーム・マーカーの4インチ以内にいるピオンではない敵モデルをキルかサクリファイスした時、1VPを獲得する。そして、対戦相手は、キルかサクリファイスされたモデルから4インチ以内にある敵軍スキーム・マーカー1個を取り除く事ができる。

同一のモデルをキルかサクリファイスする事で、このスキームと他のスキーム両方からVPを獲得しようとする場合、どちらか片方のVPを獲得するように選択せよ。

:なんだか面倒な「メイク・ゼム・サファー」?

VP獲得には自軍スキームマーカーの4インチ以内にいる敵モデルを除去しなければならないので、簡単にスキームマーカーを置けて、それを利用して戦うティターニアやパーカー達=4冊目マスター達が得意とするストラテジー。移動や攻撃+スキーム配置が一体化しているライダー系も得意なハズ!?

一度「ディグ・ゼア・グレイブス」が公開されれば、当然相手も警戒してスキーム・マーカーに近づいて来なくなるコトが想定されるので、ルアーのように敵モデルを動かすアクションも必須でしょう~。

低コスト・モデルで「インターフェアレンス」を邪魔する戦術に対して対抗策にもなるけど、隠れている「サッカー」には気をつけて♪

スキーム④「インスペクション」

このスキームはゲーム開始時に公開できない。クルーが、このスキームからVPを獲得する際に公開する。

第2ターン以降の各ターン終了時において、センターラインが戦場の端(または角)に接する、それぞれの地点から4インチ以内にピオンではないモデルが各1体以上いる時、クルーは1VPを獲得する。

:コチラは”毎ターン”「アウトフランク」!

今回コーナー配置からセンターライン両端2ヶ所を確保しなければならないので、2ターン目から順当にVPを獲得するには”フロム・ザ・シャドウ”等の特殊配置できるモデルが必須に。
反面、一度確保の体制に入ってしまえば相手のエンゲージだけでは邪魔されないので、けっこう手堅いスキームとも言えるでしょう~。

(^皿^)低コストなFTシャドウ・モデルが「インスペクション」かつ「インターフェアレンス」しながら「クライム・ジャンプ」とか・・・かなりイヤらしいんじゃいでしょうか?

お互い「インスペクション」狙いだった時には、かなり”カオス”な戦場になる予感が♪

スキーム⑤「マーク・フォー・デス」

このスキームはゲーム開始時に公開できない。

クルー内のピオンではない全モデルは、エンゲージしている敵軍モデルを目標に、ゲーム終了まで以下のコンディションを与えるために(1)インタラクト・アクションを実行可能だ。

マークド
:このコンディションは取り除いたり、終了させる事はできない。

敵軍モデルが1体以上、マークド・コンディションを受けた際に、このスキームを公開せよ。
マークド・コンディションを持つ敵軍モデルのWdが0になるかプレイから離れた時、1VPを獲得する。

:1個くらいは面倒なストラテジーを混ぜてみました♪

基本は”敵モデル キル系”のストラテジー。ただしキルしてVP獲得できるのはインタラクトアクションで「マークド・コンディション」を貼り付けたモデルのみなので、達成までのお膳立てが重要です!

逆に一度マークドされてしまったモデルは戦闘に絡みづらくなるので、「インターフェアレンス」の1/4区画から追い出す効果が期待できるカモ。
ちなみにマークド・コンディションは“ピオンではない自軍モデル”が”敵軍のピオン・モデル”に付ける事もできるので、「インターフェアレンス」妨害のためにエンゲージしてきたピオンちゃんがいたら片っ端からマークしちゃいましょう♪

(゚д゚)「敵モデルのWdが0に・・・」というゲイングランドの記述は、レヴェチカス先生対策なんでしょうかね~格闘戦巧者のマスターが、マークド→パンチ!→パンチ!でキルするのが理想形です!