マリフォー・キャンペーン「分かれ道」ストーリー・エンカウンター①

イタズラ好き

(゚∀゚)9月12日(月)より、なんと!世界中のコミュニティから参加できるマリフォー・グローバル・イベント「分かれ道」が開催中!

公開されたストーリー・エンカウンターをさっそく抄訳しちゃいましたので、皆さまぜひぜひプレイにお役立てください♪

※下記は、Wyrd社マリフォー公式HPに掲載中のイベント情報を抄訳したものです。イベントの詳細は必ず原文を参照してください。

グローバル・マリフォー・イベント
「分かれ道(Divergent Paths)」

ワガママな男

ワガママな男(Self-Righteous Man)
「突破せよ(Breakout)」

はじめに

ワガママな男は、汽車から降りた直後にウィッチハンターによって捕えられた。この仕打ちに、彼はマリフォーで展開されている産業とのコネをいくつかあげて抗議したが、その言葉は無視される事になったのだ。
彼らはパトロール用運搬車のドアがロックされた後部に彼を放り込み、ギルドの領地へと連れて行くために出発した。そこで、彼は身分に応じて扱われる事になるのである。

ある一つのグループが、このワガママな男が解放され自由に歩ける日を見ようと固く決意している事を、まだウィッチハンター達は知らない…。

セットアップ

戦場の端に付くように、センターライン上に50mmパトロールワゴン・マーカーを配置する。
プレイヤーは、通常通りスキームを選択します。

ディプロイメント

このシナリオでは、スタンダード配置を使用します。

スペシャル

各ターンの終了時に、パトロールワゴン・マーカーを戦場の敵側の端に向かって可能な限り最短の経路を通って7インチ移動させます。
パトロールワゴンがモデルと接触したのであれば、そこで移動は終了し、モデルは2/4/6ダメージを受けてパトロールワゴン・マーカーからまっすぐ離れるように3インチ プッシュされます。
パトロールワゴン・マーカーが戦場の敵側の端に接触したのであれば、それはゲームから取り除かれます。

ゲーム中1回、第2ターンの開始時にパトロールワゴン・マーカーの1インチ以内にいるモデルは、ワガママな男をワゴンから脱出させるために(1)インタラクトアクションを実行し、アクションを実行したモデルにベースコンタクトするように30mmプリズナー・マーカーを配置します。

プリズナー・マーカーの2インチ以内のモデルは誰でも、4インチまで好きな方向にプッシュするために(1)インタラクトアクションを実行可能です。

勝利

ワガママな男をパトロールワゴンから脱出させたクルーは2VPを獲得します。
1ターン以降、各ターンの終了時にプリズナー・マーカーの2インチ以内に友軍モデルがいるクルーはそれぞれ1VPを獲得します。
クルーは、このシナリオから最大6VPを獲得する事が可能です。

シフティング・ロイヤリティ

このシナリオを「シフティング・ロイヤリティ」キャンペーンの一部としてプレイしているのであれば、パトロールワゴン・マーカーに最初にインタラクトアクションを行ったクルーは5スクリプを獲得します。
このシナリオに敗北したプレイヤーは、ゲーム終了時にインプレイにあるモデル1体を選び、以下のページにあるキャンペーンアップグレードを付ける事が可能です。

「分かれ道」

ワガママな男には以下の攻撃または能力がつき、それによってファクションはこのシナリオに勝利します。

ギルド:男を自由にしたギルドのエージェントは捕えた事を彼に謝罪し、彼が誰なのか理解していなかったのだと説明した。
彼の安全を確実にするために、彼らは彼個人のボディガードとしてギルド・ガードのメンバーを担当させる事にした。

リザレクショニスト:戦いの最中、身を守るために死んだギルド・ガードの銃を盗もうと男が彼女の方に手を伸ばすと、力の波動を感じるとともに、彼女の身体がグイッと動きだし彼を守るようにその足で立ちあがったのだ。
彼は、新たなアンデッドのボディガードを盾に戦場から逃げ出し、彼のワーデンと救助隊の銃撃戦で飛び交う銃弾から身を守るため彼女のアンデッド・フォームを頼る事にした。

アルカニスト:戦いがパトロール用運搬車の外で荒れ狂う最中、閂がかかったドアに顔を押し付け誰かに助けを求める悲鳴を上げながら、男は自身の中から見知らぬパワーが湧き上って来るのを感じた。

一瞬の後、そのドアはヒンジから吹き飛ばされ、彼を捕まえていたウィッチハンターを唸り声をあげる狼のようなクリチャーが鉤爪に捉え引き裂くのを「オーダー・オブ・ザ・キメラ」のメンバーは戦場の端から目撃したのだった。

ネバーボーン:ウィッチハンターがパトロール用運搬車のドアを強引に開けようとするネフェリムを撃つと、傷ついた彼らの腐食性の黒い血が男に飛び散った。
黒い血がにじみ出る傷口に包帯をしながら、彼はネフェリムである事がこれから生きていく上で驚くほど役立つ事を理解したのだった。

アウトキャスト:彼を救出しようとしている武装した傭兵たちが、死んでしまうと彼らに支払いがされない事をお互い思い出して声をかけあったおかげで、男は自分が新たな捕獲者に引き渡されようとしている事を理解した。
戦いの混乱につけこんで抜け出そうと、男は倒れた傭兵から全身ボディアーマーを奪いとって身に着け、彼らが探索中にその“救助隊”の一員に変装して抜け出したのだった。

グレムリン:銃の木枠で作られた防御陣地から出てきたニヤニヤ笑うグレムリンは着飾った大きな帽子をかぶった男を身代金に求め、看守から解放された後に新たな腕に押しやられて、縛られた男はバイユーへと運び込まれた。
グレムリンと共に時間を過ごした後、彼はヤツらを説得するチャンスを得て、街へ行き望む武器を手に入れる事と引き換えにヤツらの最も素晴らしい密造酒のケースを手に入れたのだ。

テンサンダー:戦いの後、男の救援隊は休息のため彼をハニーポット・カジノへと連れてきた。彼らは、彼の耳元で囁くウソから彼の気を逸らすために、飲み物と女を買い与え…そしてサーバーの1台から彼の飲み物に青いカケラを1つ滑り込ませたのだった。

病が息子をとらえ…(Ill Get That Son OF A…)

このアップグレードはキャンペーン・レーティングに影響を与えません。

このモデルは、以下の能力を得る:
奴を追い詰めろ:「ワガママな男」が含まれている「分かれ道」シナリオを遊ぶ時、このモデルはアクティベーション時にカードを1枚捨てファストを得る。

イタズラ好き

イタズラ好き(Trickster)
「解放された混沌(Chaos Unleashed)」

はじめに

イタズラ好きのもとに迫るウィッチハンターから逃れる手段を幾つか見つけようと、列車の側面に降り彼女は1つの方法を見つけ出した。彼女は自分の中に、野火のように彼女の静脈を通り抜け、彼女の骨を一つに縛りつける電撃のような何かが目覚めつつあると感じていた。

ウィッチハンターが銃を彼女に向けて降伏するように要求した時、彼女はその手を彼らに向け、その感覚を外へと解放した…そして運命は解き放たれたのだった。

セットアップ

戦場の中心に30mmトリックスター・マーカーを配置する。
プレイヤーは、通常通りスキームを選択します。

ディプロイメント

このシナリオでは、ブラインドで配置を行います。

クルー配置フェイズにおいて、最初に配置を行うプレイヤーはレッド・プレイヤー。相手プレイヤーはブラック・プレイヤーになります。プレイヤーは、フェイトデッキからモデルの数と同数の、クルーに適合する色の赤または黒のカードを引きます。例えば、レッド・プレイヤーが彼女のクルーに7体のモデルを持っているのであれば、彼女はデッキから7枚のマスク、またはラムのカードを引きます。赤と黒のカードをまとめて一時的なデッキを作り、一緒にシャッフルします。
はじめにブラック・プレイヤーから、各プレイヤーは一時的デッキからカードを引き、カードを裏向きのまま見ずに戦場の好きな場所に配置します。配置したカードは、他の置かれているカードに接触してはいけません。全てのカードが配置されたなら、それを表にします。
はじめにレッド・プレイヤーから交互に、各プレイヤーは順番に好きな自分の色のカードの上にモデル1体を配置し、カードを取り除きます。
プレイヤーが全てのモデルを配置し終わったならば、それぞれの配置ゾーンを選択し、センターラインの位置についてはスタンダード配置と見なされます。

スペシャル

トリックスター・マーカーの2インチ以内いるプレイヤー(※モデル)は、自分のフェイトデッキから1枚カードをフリップするために(1)インタラクションを実行でき、それはチート可能です。

カードがマスクならば、対戦相手はトリックスター・マーカーを好きな方向に4インチまでプッシュする事ができます。カードがトゥームならば、インタラクトアクションを実行したモデルはトリックスター・マーカーを好きな方向に4インチまでプッシュする事ができます。第2ターン以降に、カードがラムまたはクロウならば、インタラクトアクションを実行したモデルのクルーは1VPを獲得します。

クルーは、このシナリオから最大8VPを獲得する事が可能です。

シフティング・ロイヤリティ

このシナリオを「シフティング・ロイヤリティ」キャンペーンの一部としてプレイしているのであれば、トリックスター・マーカーを最低2インチプッシュしたインタラクトアクションを実行したモデルを持つクルーは1スクリプを獲得します。
このシナリオに敗北したプレイヤーは、ゲーム終了時にインプレイにあるモデル1体を選び、以下のページにあるキャンペーンアップグレードを付ける事が可能です。

「分かれ道」

イタズラ好きには以下の攻撃または能力がつき、それによってファクションはこのシナリオに勝利します。

ギルド:ウィッチハンター達が自身の安全を期するために女を陥れる準備が出来た時にちょうど、ピストレロは彼女の前に飛び出し、彼は“ミス・オルテガ”をラティーゴ・ストロングホールドに連れてくるように派遣されたのだと主張した。
ウィッチハンターは、その名に基づいて女が立ち去る事を嫌々承諾し、彼女のカスタムメイドされたピストルを返して遠ざかっていった。

リザレクショニスト:駅を守るギルドガードによって女は撃たれ、全ては闇に包まれた。彼女はモルグで目覚め、少し前にバイタルサインが無かったにもかかわらず甦った身体を起こした彼女に検死官は飛び上がって驚き喘ぎ声をあげた。
彼も、女自身も何があったのか全く分からず、それぞれ両者が望む答えを見つけるために、彼女は彼のアシスタントに変装して一緒に働く事にしたのだった。

アルカニスト:3匹のメカニカル・スパイダーは女を角へと追いつめて、それぞれ彼女を捕えておくためその鋭い前足を向けてきた。コイツらのせいで窮地から脱出できないと悟った彼女は、立ち去るために彼らに向けて怒りの声を上げた。
驚くべきことに機械は彼女の命令に従ったので、彼女は彼らに駅周辺で荒れ狂う戦闘から彼女が逃げられるように同行し守るように、新たな命令を与える事にしたのだ。

ネバーボーン:女は混沌の中にできた穴を見つけ、そこに急いだ。そして鋭い横目で睨みつける捻じくれた精神体に直面する事になったのだ。前へと押し寄せる精神体に驚いて彼女はフラフラと後退し、まるで人間が暖かなコートをまとうかのように彼女の身体を支配した。
精神体が予想していたよりも、女の意志が力強かったので、戦いの果てに彼らは互いに理解しあい、彼女の身体を二人で分配する事に同意を得たのだった。

アウトキャスト:戦いが制御不能な程の螺旋を描き始め、まつ毛を瞬かせても何の助けも無いように見えたので、彼女は財布から小さなピストルを引き抜いて、彼女を捕える際に武器のチェックをしなかった愚かな傭兵の後ろから3発の弾丸を撃ち込んだ。
彼らのポケットからお金と彼らの剣を1本引き抜いて、彼女は街へと姿を消したのだった。

グレムリン:グレムリンにさらわれる事はもちろん彼女が立てた計画の一部では無かったが、与えられたもので即席に間にあわせる事が彼女は常に得意だった。彼らがバイユーに到着する頃には、彼女は彼らに、彼女を誘拐したのではなく救出したのだと信じ込ませる事に成功していた。
その負債を支払うために、ボコル(※ブードゥー教の司祭)から彼の不思議なスワンプ・マジック…例えば他者を支配して呪う力を彼女に教えさせたのだった。

テンサンダー:テンサンダーは女を救い出したが、しかし彼らの救出は – 彼女の人生にとっても – 高くつく事になるだろう。
まずは彼らの最高級の遊廓で働かせるため、女はマダムの鋭い心に感動して、その技術を持ったオイランの見習いになって遊郭にやって来る人々の秘密を聞き出す方法を学ぶ仕事を課せられたのだった。

イタズラ者の寵愛(The Tricksters Favor)

このアップグレードはキャンペーン・レーティングに影響を与えません。

このモデルは、以下の能力を得る:
ひょっとしたら…:ゲームの配置タイプを決定した後、君はこのアップグレードを破毀する事で配置タイプを「ブラインド配置」に変える事ができる。

子供
詮索好きな子供(Inquisitive Child)
「パニック旅行(Panicked Flight)」

はじめに

彼女が列車から降りると同時に、ウィッチリング・ストーカーの姿が彼女のすぐ後ろにあった。気味の悪いフードをかぶった奴等から逃れようと彼女は駅の手すりの下へと逃れたが、新しい匂いを捕えたブラッドハウンドの様に彼らはしつこく彼女の後を追ってきたのだ。
彼女が何者なのか知らずとも、ウィッチリング・ストーカーが彼女を捕える事に強い興味を持っているのであれば、君のファクションが勢力を拡げるために利用できる何かを彼女が持っているという事なのだろう。

セットアップ

戦場の中央に30mmランニング・チャイルドマーカーを配置し、中心線が戦場の端に接する戦場の端それぞれに、中立のウィッチリング・ストーカー4体を配置します。

プレイヤーは通常通りスキームを選択します。

ディプロイメント

このシナリオでは、コーナー配置を使用します。

スペシャル

各ターンの開始時に、中立のウィッチリング・ストーカーはそれぞれチャイルド・マーカーに向かって可能な限り最短のルートを通って2回の(1)ウォークアククションを行う。これらのウォークアクションは通常通りディスエンゲージ・ストライクを引き起こします。

いくつかのウィッチリング・ストーカーがチャイルド・マーカーにベースコンタクトしたのであれば、それをプレイから取り除く。チャイルド・マーカーがプレイから取り除かれたのであれば、ウィッチリング・ストーカーはそのまま残り(可能であれば)最も近い中立ではないモデルに対して攻撃します。
プレイヤーがウィッチリング・ストーカーを攻撃するか、攻撃されたのであれば、対戦相手はウィッチリング・ストーカーの防御または攻撃、そのチート・フェイトのために必要な全てのカードをフリップします。

チャイルド・マーカーの2インチ以内のモデルは誰でも、4インチまで好きな方向にプッシュするために(1)インタラクトアクションを実行可能です。

勝利

第1ターン以降、各ターンの終了時にターン中にキルした中立のウィッチリング・ストーカーにつき1VPを各クルーは獲得します。
第1ターン以降、各ターンの終了時にチャイルド・マーカーがクルーのディプロイメント・ゾーンから6インチ以内にいるクルーは1VPを獲得します。

クルーは、このシナリオから最大8VPを獲得する事が可能です。

シフティング・ロイヤリティ

このシナリオを「シフティング・ロイヤリティ」キャンペーンの一部としてプレイしているのであれば、各ターンの開始時にチャイルド・マーカーが完全に戦場の自分サイドにいるクルーは1スクリプを獲得します。
ウィッチリング・ストーカーがゲーム終了後に生き残っているのであれば、このシナリオに敗北したプレイヤーは1体のウィッチリング・ストーカーを彼らのクルーの武器庫に加える事ができます。

「分かれ道」

子供には以下の攻撃または能力がつき、それによってファクションはこのシナリオに勝利します。

ギルド:子供は死んだウィッチリング・ストーカーの1人からルーンド・ピストルを拾って、自分のものにした。

リザレクショニスト:彼女の周りで死んだウィッチリング・ストーカーの死体から、黒焦げになった彼らの魂が逃れていくのを見る事ができる事に気付いた彼女は、それに手を伸ばして触れ、その魂を自分自身に吸収したのだった。

アルカニスト:彼女の近くでウィッチリング・ストーカーが爆発し、子供はその手を挙げて空中で炎をせき止めた。そして、彼女が生来持っていたあらゆる種類の炎をコントロールする能力が明らかになったのだ。

ネバーボーン:戦いの最中、巨大な歩くテディベアは追ってきたウィッチリング・ストーカーから子供を守った。テディベアは戦いで破壊されたが、新しい友達が生き続けられるように子供はその部品を拾い集めて、それを小さなクマとして縫い合わせたのだった。

アウトキャスト:子供は救われた傭兵たちに加わって、彼らの武器や血塗れの衣類を選択する事によって生活費を稼ぐように命じられた。長い時間と激務が彼女の若々しい要望を変貌させ、数週間後に逃げ出す際には、リーダーの財布から盗んだソウルストーンで彼女の手は重くなっているのだった。

グレムリン:オンドリ乗りのグレムリンの1人が落馬した際に、子供は傷ついたニワトリの元に急いで傷を看護したので、高い評価と誠実さを獲得しただった。

テンサンダー:戦いの後、無口な修道僧は子供の救出を助けるために負傷した男女の傷を癒す手助けとして、その“チ”を活かす技を彼女に教えたのだった。