カレンダー

  • このイベントはパスしています。

インフィニティ ITS トーナメント

ITS

175年後の異星人をも巻き込んだ近未来 地球の覇権をかけたSFバトル「インフィニティ」の公式トーナメント 第4回【ITS】を開催!

◎参加レギュレーション

:300ポイントで編成されたアーミー

・シーズン8 I.T.Sルール と ミッションを使います。

参加費:¥1500
プライズ:最新『I.T.Sトーナメント パック シーズン8』
    :ファレホ ペイントセット
    :プロペイント済みミニチュア

※ミッションについては公式の 2016「ITS」パックを確認すると共に、有志による【INFINITY ミニチュアゲームルール WIKI】をご参照ください。

FIREFIGHT ファイアファイト

◆ MISSION OBJECTIVES/作戦目標
MAIN OBJECTIVES/メイン目標
・対戦相手より多くスペシャリストトループをキルする。(1オブジェクティブポイント)
・対戦相手より多くルーテナントをキルする。(2オブジェクティブポイント)
・対戦相手より多くアーミーポイントをキルする。(4オブジェクティブポイント)
・ゲーム終了時に対戦相手よりパノポリーから多くアイテムや武器を手に入れた(1オブジェクティブポイント)

CLASSIFIED/クラシファイド(秘密の作戦目標)
・各プレーヤーはクラシファイドオブジェクトを2つ持つ(各1オブジェクティブポイント)

◆DEPLOYMENT/配置
各プレーヤーはゲームテーブル上の対面した奥行き16インチのディプロイメントゾーンに配置する。

◆SCENARIO SPECIAL RULES/スペシャルシナリオルール
KILLING/キリング
トルーパーはゲーム終了時にデッド(Dead)ステート、またはヌル(Null)ステートになっていた時、キルされたとみなされる。
ゲーム終了時にゲームテーブル上にまだ配置されていないトループは対戦相手にキルされたとみなされる。

NO QUARTER/ノークォーター
このシナリオはリトリート!が適用されない。

DESIGNATED LANDING AREA/デジグネイティッド ランディングエリア
ゲームテーブル全体はデジグネイティッドランディングアリア(指定された着地地点)とみなされる。エアボーンディプロイメントを持つトルーパーは、配置のPHロールに+3のMODを適用する。このMODは他のルールで適用されるMODと共に累積する。
さらに、このスペシャルスキルを持つトルーパーは、敵のディプロメントゾーンへに対する配置の禁止やディスパーションのルールを無視する。

PANOPLIES/パノポリー
ゲームテーブルの中央ライン上には3つのパノポリーが配置されている。1つはテーブルの中心にあり、他の2つはテーブル端から12インチのところにある。(訳注:マップでは16インチになっているんですが。。。マップの方が間違っている模様)
各パノポリーはオブジェクティブマーカーか同じ直径の情景モデルで表わす。

USE THE PANOPLIES (SHORT SKILL)/パノポリーの使用(ショートスキル)
LABELS/ラベル
アタック

REQUIREMENTS/必要条件
・トルーパーはパノポリーにベースコンタクトしなければならない。

EFFECT/効果
・パノポリーのロジティクス トレイトの使用をトルーパーに許可する。
・WIP ロールに成功することで、トルーパーは武器または装備品を1つ手に入れるためにブ―ティー表をロールすることができる。一度ロールが成功した場合、そのトルーパーは再度この情景物(パノポリー)のロジティクストレイトを使用することはできない。
・ブ―ティー、スカベンジャー、またはそのように明記されている他のスキルを持つトルーパーは、WIP ロールを実行せずにブ―ティー表のロールを自動的に成功することができる。
・この情景物(パノポリー)にベースコンタクトするトルーパーはアンローデッド ステートをキャンセルするためにオーダーのショートカットを1つ使用できる。
・WIP ロールに成功することで、スペシャリストトループはブ―ティー表を2つロールできるが、どちらか1つ選択することだけできる。

◆SPECIALIST TROOPS/スペシャリストトループ
このシナリオの目的のため、ハッカー、ドクター、エンジニア、フォワードオブザーバー、パラメディック、そしてチェインイブコマンドを持つトループはスペシャリストトループとみなされる。
ハッカー、エンジニア、そしてドクターはスペシャリストトループの目的を試みるために、リピーターやG:サーバントのモデルを使用できない。

REMEMBER
スペシャルオペレーティブを持つトループは、スペシャリストトループがこのシナリオで持つ役割を遂行することができる。

ディスエイブルドマーカーを持つスペシャリストトループは、まだシナリオの目的を遂行できる。

◆END OF THE MISSION/ミッションの終了
このシナリオは制限時間をもち、3ゲームラウンドが終了したら自動的に終了する。

SUPREMACY/スプレマシー

◆ MISSION OBJECTIVES/作戦目標
MAIN OBJECTIVES/メイン目標
・ゲームラウンド終了時に対戦相手と同じ数のクアドラントを占領している。(1オブジェクトポイント。しかし、プレーヤーによってクアドラントが最低1つ占領されていること)
・ゲームラウンド終了時に対戦相手より多くクアドラントを占領している。(2 オブジェクティブポイント)
・コンソールをハックしている(1オブジェクティブポイント)

CLASSIFIED/クラシファイド(秘密の作戦目標)
・お互いのプレーヤーはクラシファイドオブジェクトを 1つ持つ(プレーヤーのオブジェクティブポイントが 10 未満の場合、1オブジェクティブポイント)

DEPLOYMENT/配置
各プレーヤーはゲームテーブル上の対面した奥行き12インチの一般的なディプロイメントゾーンに配置する。

◆SCENARIO SPECIAL RULES/スペシャルシナリオルール
QUADRANTS (ZO)/クアドラント(ZO)
ゲームラウンド開始時ではなく終了時に、テーブルをマップに記載されたように分割する。各プレーヤーはいくつクアドラントを占領しているかチェックし、オブジェクティブポイントを計算する。

このシナリオでの各クアドラントはゾーン オブ オペレーション(ZO)とみなされる。

DOMINATE ZO/ZO の占領
ゾーン オブ オペレーション(ZO)は、そのエリア内に対戦相手より多くのアーミーポイントを持っている場合、占領しているとみなされる。ミニチュアや(カモフラージュ、スポーンエンブリオ、シードエンブリオのような)マーカーのようなトループのみカウントされ、AI ビーコン、プロクシ―、G:サーバントのトループも同様にトループとしてカウントされる。しかし、ヌルステートのトループはカウントできない。また、(マインやディプロイメントリピーターのような)武器や装備品を表わマーカー、偽物のホロエコー、トルーパーとみなされないあらゆるマーカーはカウントすることができない。
トルーパーはZO内にトルーパーのベースの半分より多く入っている時、そのゾーンオブオペレーションに入っていると考える。

SHASVASTII/シャスバスティ
ゾーンオブ オペレーション内のシャスバスティのスペシャルスキルをもつトルーパーはスポーンエンブリオ、またはヌルステートでなければにカウントされる。

BAGGAGE/バゲッジ
ゾーン オブ オペレーション内のバゲッジの装備品を持ち、ヌルステートではないトループは、この装備品から与えられる追加のアーミーポイントをカウントする。
このシナリオでは、コンソールは攻撃のターゲットにできる情景物のプロファイルを持ち、情景物ルールが適用されるが、第2ゲームラウンドからである。

CONSOLES/コンソール
コンソールは4つあり、それぞれテーブルの端から12インチ離した各クアドラントの中心に配置されている(下記マップ参照)。コンソールはコンソールAマーカーか同じ直径の情景物によって表さなければならない。

このシナリオでは、コンソールは情景物のルールが適用され、攻撃のターゲットにできる情景物のプロファイルを持つ。しかし、第2ゲームラウンドより前(=第1ゲームラウンド)にはできない。

◆HACK CONSOLES (SHORT SKILL)/ハック コンソール(ショートスキル)
LABELS/ラベル
アタック

REQUIREMENTS/条件
・このスキルはスペシャリストトループのみ宣言できる
・スペシャリストトルーパーはコンソールとベースコンタクトしていなければならない。

EFFECTS/効果
・スペシャリストトループは、コンソールをハックする WIP ロールを実行できる。
・もしロールに失敗した場合、対応するショートスキルとロールを実行することで、何度でもロールを繰り返すことができる。
・ハック コンソールは同じ手順を適用することで、他のプレーヤーによって再びハッキングできる。
・プレーヤーA、プレーヤーB マーカーはコネクティッドアンテナ(コンソールがハックされたこと)をマークするために使用できる。各プレーヤーが異なるマーカーを使用する方がよいだろう。

◆CONSOLES HACKED BY BOTH PLAYERS/両方のプレーヤーがハックしたコンソール
ゲームの終了時、プレーヤーは両方のプレーヤーがハックしたコンソールごとに WIP 用いたフェイストゥフェイスロールを実行する。各プレーヤーはシナリオで生き残ったすべてのスペシャリストトルーパーで WIP でロールできる。これhは複数の参加者がいるフェイストゥフェイスロールの結果にすることができる。フェイストゥフェイスロールの勝者が、このコンソールから提供されるオブジェクティブポイントを得る。フェイストゥフェイスロールが引き分けだった場合、リロールする。もしスペシャリストトループが生き残っているプレーヤーが1人だけだった場合、自動的にそのプレーヤーがオブジェクティブポイントを得る。もしお互いのプレーヤーがスペシャリストトルーパーを持たない場合、オブジェクティブポイントは失われる。

◆SPECIALIST TROOPS/スペシャリストトループ
このシナリオの目的のため、ハッカー、ドクター、エンジニア、フォワードオブザーバー、パラメディック、そしてチェインイブコマンドを持つトループはスペシャリストトループとみなされる。
ハッカー、エンジニア、そしてドクターはスペシャリストトループの目的を試みるために、リピーターやG:サーバントのモデルを使用できない。

REMEMBER
スペシャルオペレーティブを持つトループは、スペシャリストトループがこのシナリオで持つ役割を遂行することができる。

ディスエイブルドマーカーを持つスペシャリストトループは、まだシナリオの目的を遂行できる。

◆HACKER BONUS/ハッカーボーナス
ハッカーのスペシャルスキルを持つとトループは、ハックコンソールに必要な WIP ロールに +3 の MOD を持つ。

◆INTELCOM CARD (INTERFERENCE)/インテルコムカード(インターフェアレンス)
ゲーム開始前、クラスファイドオブジェクトを選択した後に、各プレーヤーはそのカードをクラスファイドオブジェクトとするか、インテルコムカードとするか決定し、対戦相手に伝えなければならない。各プレーヤーはダイスをロールし、最も高い出目だったプレーヤーが最初に決定し、対戦相手に伝える。ミッションやカードの(右下に記載された)数値といったカードの内容は、プレーヤーがそれを選択して使用しない限り、秘密の情報とみなされる。

ゲームが終了してプレーヤーがポイントを計算するとき、イニシアティブによって決定した順番に従い、プレーヤーは、選択したスペシャリストトループのスペシャルルールや、スペシャリストオペレーティブのスペシャルスキルを無効にするインターフェアレンスモードを適用するために、インテルコムカードを使用することができる。

◆END OF THE MISSION/ミッションの終了
このシナリオは制限時間をもち、3ゲームラウンドが終了したら自動的に終了する。
もし、プレーヤーの1人がアクティブターンの開始時に リトリート! 状態であった場合、そのターンの終了時にゲームは終了する。

HIGHLY CLASSIFIED/ハイアリー クラシファイド

◆ MISSION OBJECTIVES/作戦目標
MAIN OBJECTIVES/メイン目標
・ゲーム終了時、対戦相手よりクラシファイドオブジェクティブを達成している。(4 オブジェクティブポイント)
・ゲーム終了時、対戦相手と同じ数のクラシファイドオブジェクティブを達成している。(2 オブジェクティブポイント。しかし、クラシファイドオブジェクティブを少なくとも1つ達成している。)
・メインクラシファイドオブジェクティブを達成している。(それぞれ 1 オブジェクティブポイント)

SECONDARY OBJECTIVES/セカンダリー目標
・各プレーヤーはセカンダリークラシファイドオブジェクティブを1つ持つ。(2 オブジェクティブポイント)

DEPLOYMENT/配置
各プレーヤーはゲームテーブル上の対面した奥行き12インチの一般的なディプロイメントゾーンに配置する。

◆SCENARIO SPECIAL RULES/スペシャルシナリオルール
MAIN CLASSIFIED OBJECTIVES/メインクラシファイドオブジェクティブ
プレーヤーはお互いのプレーヤーで同じ4つのメインクラシファイドオブジェクティブをもつ。メインクラシファイドオブジェクティブは公開された情報とみなされる。

これらを選ぶため、各プレーヤーは対戦相手の前で自身のClassified Deck をシャッフルし、対戦相手に見せるようにカードを2枚引く。これら4枚のカードがお互いのプレーヤーのメインクラシファイドオブジェクティブになる。

この4つのメインクラシファイドオブジェクティブは異なるもので、内容が重なることはできない。もしすでに選択されたものと同じカードを引いた場合、それは捨てなければならない。そして、プレーヤーは4つのメインクラシファイドオブジェクティブが異なる内容になるまで新しく引かなければならない。

SECONDARY CLASSIFIED OBJECTIVE/セカンダリークラシファイドオブジェクティブ
プレーヤーはメインクラシファイドオブジェクティブの選択が終わった後、セカンダリークラシファイドオブジェクティブを選択する。各プレーヤーは自身のクラシファイドデッキからカードを2枚引いて1枚を選択し、残りの1枚は捨てなければならない。

セカンダリークラシファイドオブジェクティブはメインクラシファイドオブジェクティブと異なる内容でなければならない。そして、プレーヤーはメインクラシファイドオブジェクティブと重複したカードは捨て、セカンダリークラシファイドオブジェクティブが異なる2つの目的になるまで新しいカードを引く。

セカンダリークラシファイドオブジェクティブは非公開の情報とみなされる

SECURE THE HVT/セキュア ザ HVT
このシナリオにおいてセキュア ザ HVT のオプションはセカンダリークラシファイドオブジェクティブとだけ差し替えることができる。

HIGH DIFFICULTY MODE/ハイディフィカリティモード
このシナリオはより高い難易度のレベルでプレーできる。このモードでは、プレーヤーは セカンダリークラシファイドオブジェクティブを選ばない。
ハイディフィカリティモードでは、各プレーヤーが自身のセカンダリークラシファイドオブジェクティブを決めるためにカードを1枚だけ引く。ここでも、セカンダリークラシファイドオブジェクティブはメインクラシファイドオブジェクティブとは異なる内容でなければならない。

◆END OF THE MISSION/ミッションの終了
このシナリオは制限時間をもち、3ゲームラウンドが終了したら自動的に終了する。
もし、プレーヤーの1人がアクティブターンの開始時に リトリート! 状態であった場合、そのターンの終了時にゲームは終了する。

*今回もミッションの和訳をBBBメンバーのまつしまん様が行ってくれました!
本当にいつもありがとうございます(^_^)/

イベント開催日
2016年11月20日 / 10:00 - 22:00
参加予定人数
イベント参加者は現在2名の予定!